Wi-Fi接続に設定すれば使える

キャリア契約をしたスマートフォンでデータ通信を行うとき、普通に使うときはキャリアが用意する通信環境で契約した容量において高速通信ができます。スマートフォンにもよりますが多くの機種においてはWi-Fiに接続できる機能が用意されていて、設定画面からWi-Fi接続を選べばキャリアの通信環境は停止してWi-Fiからデータ通信が行えます。無制限Wi-Fiの契約をしてWi-Fi環境を用意したときは、キャリア契約をしたスマホにおいても通常のWi-Fi接続同様に設定をすればデータ通信が行えます。キャリア契約だと容量に制限が設けられているものが多くデータ通信に不満を持っている人もいたでしょう。別途無制限Wi-Fiを用意すれば容量を気にしなくてもいつでも高速通信が可能になります。

通信環境によって事情が変わる

携帯電話は各携帯電話会社が回線を用意して提供しています。それ以外にWi-Fiサービスを行う会社があり、これらの会社は独自に回線を用意するのではなく携帯電話会社の回線を借りてサービスを行っています。キャリア契約のスマートフォンを持っている人が無制限Wi-Fiを利用するとき、それぞれの通信環境が良好の場所であれば問題なくWi-Fiを使えるでしょう。しかしスマートフォン側の通信環境はいいものの無制限Wi-Fiが借りている回線の通信環境があまり良くない場所だとWi-Fi接続に変更したとたん接続できなくなる可能性があります。これを回避するには無制限Wi-Fiがどのキャリアの回線を借りているかを調べておくと良いでしょう。より広いキャリアの回線を借りているなら問題は起こりにくくなります。